中野区の税理士日記 日本一相談しやすい税理士を目指して!

2006年に東京都中野区で独立開業した税理士。 地域密着で中野区のお客様とのコミニュケーションを第一に考え、信頼される税理士を目指しています。

開業

HPの裏側。

ブログランキング大←税理士の最新情報はこちら!


今日は加藤会計のお問い合わせの裏側を公開したいと思います。
まあ、開業税理士でないと興味がないとは思いますが

今のホームページを作成して、1年と1ヶ月。
最初は、本当にお問い合わせなんて来るのかと思い つつも、何のコネもないので、とりあえず作成しました。

ところが、思ったより もお問い合わせがありました。このHPはビジネスブログで作成しているのですが、標準機能として、基本的 なアクセス解析機能は附属しています。

ただ、きちんと解析するにはもうちょっ と細かいデータが必要だと感じました。
で、無料でいいものがないかと探したところ、たどり着いたのは、やっぱり Google 。

Google Analyticsが一番良さそうでしたので、開設してしばらくしてから使うようにしました。

Google Analyticsは色々なデータが取れます。
というか、充実しすぎていて、 使いこなせていません。

自分なりに出来ることだけを設定して、データを蓄積していました。

で、一番大事なお問い合わせの数です。(19年1月から8月までの8ヶ月間)

件数は111件。電話の場合もありますので、実際はもう少し多いですね。
ざっと、120件だとして、1ヶ月15件ですね。

解析すると、↓のように記録が取れます。

お問合せ数





なんで、お問合せ回数の記録が取れるかというと、お客様がお問合せフォームでお問い合わせを送信した場合、送信後に、

「お問合せありがとうございました」

HPに表示されます。

このページ は、お問合せ直後にしか表示されないですから、このページの表示回数をカウントしているわけです。

このページが表示されることを最終目標として、 Google Analyticsを設定すると↑のようになります。

Google Analyticsでは、沢山のデータが取れますが、↓のデータは興味深いですね。

目標到達プロセス









要は、どういうページを辿って、お問い合わせまでたどり着いたのかを表しています。

加藤会計の場合は、HPの右上に、黄色い「無料相談はこちら」というバナーを表示していま す。

一般的なお問い合わせは、この流れです。
「無料相談バナー」→「お問合せフォームへ入力」→「お問合せ完了」

ただ、HPの記事によっては、記事の一番下に「お問合せフォーム」を別個に設 置しているページもあります。
そこで、↑のデータを見ると、以下のようなこと が分かります。

 〔砧疏蠱魅丱福爾離リックが787回
◆,修里Δ舛問い合わせまで完了したのが54回
 無料相談バナー以外のルートで、お問い合 わせ完了が57回

う〜ん、面白いです ね。
意外に、記事から直接のお問い合わせが多いようです。

記事の最後に別個に「お問合せフォーム」を設置しているのは、全体の記事数からすると、ごく一部です。

ですので、このデータから分かることは、全ての記事の最後に、「お問合せフォーム」を設置すれ ば、お問合せ率が上がる可能性が高いという事ですね。

ただ、このことは前々か ら気付いていたんですよね。
忙しさにかまけて、修正していないだけの事です。

ということで、今日は加藤会計のHPの裏側でした。
というか、こ こまで公開してもいいのかって、ちょっと思いました。

ブログランキング大←役に立ったと思う方はこちら(ノ`Д´)ノ

HPに異変が!

ブログランキング大←税理士の最新情報はこちら!


今日も涼しかったですね。

今週、自分が利用しているホームページ会社のサービスがバージョンアップしました。

ブログDEホームページ

色々な機能が増えたのはありがたいのですが、バージョンアップし過ぎたのか分かりませんが、トラブルがかなり発生。

まあ、自分の場合は、相当HPをいじっているので、バージョンアップで、悪い影響出たみたいです。

一番、慌てたのが、お問合せページが真っ白になって、何も表示されていなかった事です。

お問い合わせは、生命線ですから、これだけはすぐに直してくれと、泣きのメールをいれたら、すぐ対応してくれました。

その他にも、色合いやサイズなど微妙に変わっていたので、バナーなんかも作り直しました。

で、やっと元に戻りました。
これで一安心

まあ、機能的にはアップしているので、トラブルもありましたが、全体的には良しとしましょう。
値段も変わってないですし。

やって見ればわかりますが、ホームページビルダーなんかを使ってのホームページ作成って、やっぱり大変なので、ブログ形式でないと、自分には無理です。

ブログ形式でも、バナー作成だったり、表作成だったりで、それなりに大変な部分はありますし、ホームページビルダーなんかだと、それ以前に形を整えるのが素人には難しいです。

本当の素人ページなら簡単ですが。

そろそろ、HPもリニューアルしないとまずいなあと思う、今日この頃です。

ブログランキング大←また下がり気味。。応援お願いします。(ノ`Д´)ノ

良いお問い合わせ

ブログランキング大←税理士の最新情報はこちら!

 

今日は夏らしい一日でしたね。

本日は外出が少なかったので、主に事務作業。
ただ、頭がボーっとしていまいち調子が上がらず

そんな中、mixi経由でお問い合わせが

普段のお問い合わせは、殆どがHP経由なんですが、たまにmixiからのお問い合わせもあります。

mixi経由のお問い合わせは、極端に2種類に分かれてて、通常の業務依頼の場合と、単なる教えて君のどちらかです。

特にmixiの場合は、教えて君が多いですね。
本日のお問い合わせは、通常のお問い合わせでしたが。

mixiって商用利用を禁止しているんですよね。
もちろん、自分も商売の為にmixiに参加しているわけではないのですが、実際に業務につながる場合もあります。

mixiの機能の一つで、外部のブログでも、記事の題名を表示する機能があります。

恐らく、そこからこのブログを見て、関心を持ってもらえるのだと思います。

もし、ブログを書いていて、mixiと連動させていないなら勿体無いですよ
簡単な設定だけで済みますので。

HPを開設して約1年経ちましたが、HPからのお問い合わせの傾向が大体分かってきました。

1.良いお問い合わせ

 社長自らがネットで検索し、お問い合わせしてくれる場合。

2.悪いお問い合わせ

 社長からの指示で、従業員がネットで税理士を探してお問い合わせがある場合。


1の場合は、面談の際にも、ある程度こちらの事が分かっているので、話が進みやすく、契約率も高いです。

2の場合は、ある程度の規模である会社が多いのですが、社長自身が自分に興味を持って問い合わせしたわけではないので、面談時に距離感を感じる場合が多く、契約率もあまり高くありません。

しかも2の場合は、価格で比較される場合も多く、多くの税理士に問い合わせしている場合が多いですね。

ただ、1,2どちらの場合でも、距離的に近い場合は、契約率は上がります。

人間の心理として、距離ってかなり影響すると思います。
こちらも、距離が近い方を優先的に契約しようと思っているので、力の入れ具合が違うのかもしれませんが。

今月は、6月に比べるとお問い合わせが少ないようです。
少し前から、アドワーズやオーバーチュアといったPPC広告は止めているのですが、その影響があるのかもしれません。

でも、おかげでかなりの広告費が削減できたので、どっちもどっちですが。
人を雇ったら、もう一度PPC広告を再開して、ガンガン行こうかと思ってます。

ブログランキング大応援してくれる方はこちらへお願いします!

戒め。

今日は何位かな?ブログランキングで確認!

今日も、なんかすっきりしない日曜日。

決算作業の追い込みで、一日中、事務所です。
中々思うようにいかず、苦労しています。。。

自分の場合、ネットで集客しているせいか、お客様も同年代の社長が多いです。
もちろん、税理士はお客様の財布の中を見てますから、どれくらい儲かっているかは、すぐわかります。

色々な社長がいますが、飛びぬけて儲かっているという社長というのも、ちょくちょくいます。
年齢は殆ど同じなのに、凄過ぎです。

20代くらいまでは、若い時から苦労したり、努力したりしても、それほど明確に周りの人間との格差を感じることは少ないかもしれません。

それが、30半ば位になってくると、明確に格差が出てきますね。
もちろんお金が全てではないですが、重要な要素ですよね。

「若いときの苦労は買ってでもしろ」

なんていいますけど、本当にその通りだと思います。

結局、今成功して高い収入を得ていたり、地位を得ている人って、それ以前に相当努力しています。

しかも、努力だけではなくて結果も出してきているはずです。
だから、そういう人はオーラもあるし、説得力もあります。

自分の場合、税理士という資格で商売しているわけですが、中小企業の社長をみていると、恥ずかしいと思うときがあります。

要は、資格って業務独占であり、完全な競争社会にさらされていません。
資格という厚い壁で守られているわけです。

完全な競争社会で生き延びている、中小企業と比較すると、何とも申し訳ない気持ちになります。

もし、税理士業の資格の壁がなくなって、どんどん異業種が参入したら、自分は生き残れるだろうか

と最近よく感じます。

今は何とかなっているけど、今後は分かりません。
自分は34歳ですから、後30年位は稼がないと生きていけないはず。

周りの環境がどんなに変化しても、常に時代に追いつき、変化する。
中小企業が当たり前に行っている事を、税理士も行わないと明日はない。

いつも危機感を持っていないと駄目ですね。

目の前の仕事に追われて、大局を見失わないように、常に大きな視点で物事を考える。

最近の自分は、ただ仕事に追われるだけなので、今日のブログは自分への戒めです。


応援してくれる方はこちらへお願いします!
税理士Profile
税理士 加藤慎吾
2006年に東京都中野区で独立開業した税理士。
地域密着でお客様とのコミニュケーションを第一に考え、信頼される税理士を目指しています。

★オリジナルページはこちら↓↓
東京都中野区の税理士 加藤会計事務所

★決算専門ページはこちら↓↓
決算駆け込みセンター
記事検索
税理士Archives
  • ライブドアブログ