ブログランキング大←税理士の最新情報はこちら!


何だか、天気があんまり良くないですね

さて、昨日書いた、借金して生命保険入るスキームを、信頼している保険のプロの方に聞いてみました。

解約返戻金を借り入れの担保にするような契約は、一部の生保で積極的に売られているようです。

 ・保険に加入することを前提に、金を貸す。
 ・払い込まれた保険料を担保にする。

保険って、万が一のために備えるためのものですよね。
つまり、命の代償として、保険金を得る。

その保険金を、担保にとって保険に加入させるというのは、やっぱりモラルに反しているような気がします。

つまり、保険事故が発生しても、手元に保険金が残らない。
こんな契約が、保険なのかという疑問です。

ただ、住宅ローンを組む時も、保険に入ります。
で、万が一のときは、ローンの返済が免除されます。

そう考えると、今回のスキームも、仕組みは住宅ローンの場合と一緒ですよね。
手元に住宅が残るのか、税金を繰り延べた効果が残るかの違いです。

理屈上は問題ないのでしょうけど、何だかなぁという感じです。

CMでは、物凄くイメージアップを図ろうとしている生保各社ですが、こういう話を聞く度に、どんどんイメージが悪くなります。

少ない掛け金で、万が一のリスクを、みんなで助け合うという、保険本来の仕組みは、凄く優れた仕組みだとは思いますけどね。

ブログランキング大←たまには押してね。(。・ω・)ノ゙