先週末に、サイトのSSL化を行いました。
10月以降、SSLで保護していないサイトは、Chromeからの閲覧だと、左上辺りに、

「保護されていない通信」

と表示されてしまうとのこと。

一番利用者の多いChromeなので、結構、影響が大きいように思います。
お問合せフォームに、「保護されていない通信」と出ていたら、お問合せが減りそうです。

IEやEdgeだと、鍵のマークが出ないだけですけどね。

今後、検索順位にも影響がありそうなので、ギリギリですが対応しました。
https://affiliate-jpn.com/archives/7073

で、普段はKDDIのCPIというレンタルサーバーを借りて、そこに3サイト置いています。
CPIだと、一番安いSSL証明書でも、年間4万円くらいでした。
サイト3つだと毎年12万。

う〜ん、結構高い。
で、サイトのうちメインが2つなので、とりあえず2つだけSSL証明書を導入しました。
それでも毎年8万、零細事務所には安くはないです。

サーバーによっては、無償のSSL証明書を使えるとこともあるようですが、さすがにサーバーの引越は面倒ですので、断念。

SSL化したからって何も変わらないけど、大きな流れには逆らえないですね。