会計事務所って、色々な業種の経営状況を、金額ベースで把握出来るのが、他の職業と決定的に違うところです。

で、会計事務所の経営的には、医療、介護、飲食、IT、建設、相続とか、業種や業務で特化する方が効率的ですし、専門特化する分、アピールしやすく、業務も定型化し、経営的にはよいのかなと思います。

富裕層に特化した事務所もありますが、個人的には、お金持ちだけに特化することもあまり好きではありません。
庶民に近い目線でいられる、町の税理士が自分の性に合います。
資金繰りで苦労している会社や儲かっている会社、色々なお客様を相手にしてこそ、多彩な経験を積めますしね。

自分も初めて入った事務所が医療特化型だったのですが、正直、途中から飽きてしまいました。
何かイレギュラーなことがあれば、面白い展開もありますが、何もなければ、毎月、同じ業務の繰り返し。
まあ、たまたま担当させて頂いたお客さまが安定していただけかもしれませんが。

ただ、お客様はドクターですから、高収入の方も多く、富裕層ならではのご相談も多いです。
普段からたくさん税金を払っているお客様ですから、税務の知識を生かしやすいですね。

その反面、医療特化型だと、消費税の申告自体少なかったり、お金の流れがどのお客様でも同じで、知識の幅が偏り、これではマズいなと思いました。

なので、今は、どんな業種でも、依頼があれば、断りません。
雑食で、何でも引き受けます。

ただ、世の流れは、百貨店が潰れ、専門店だけが生き残る時代です。
おそらく、大きな流れでは、雑食ではなく、専門特化が正しいのかも。

そう思いつつ、単に一人の税理士とすれば、何でも経験している系になりたいですね。
そういう意味では、税理士って、年齢と共に実力が上がるのかも。

結婚、子ども、教育、趣味など、実際に経験していないと、お客様の気持ちは分かりません。
自分が求人を行い、人を雇って給与を払ったり、従業員の社会保険料を負担したりしないと、経営者の気持ちは理解しづらい。

自分がアパート経営していなければ、大家さんの本当の気持ちは分からない。
自分にある程度の収入がなければ、たくさん払う税金に対する気持ちも理解できないかも。

全部を経験できるわけではないですが、色々な業種と関わり合い、歳を重ねることで、本当に地に足の付いたアドバイスが出来るようになるのでしょうね。