最近、クラウド型の会計ソフトを使うお客様が増えて来ました。
サービスの種類も色々ありますが、現状だとMFとFreeeの2択のように思います。

大本命の、弥生オンラインに期待していたのですが、まだ、MFやFreeeには追いついていないと感じます。

弊社は、普段はインストール型の弥生会計をメインに使っているのですが、弊社のデータを弥生オンラインに移行しようとしたら、エラーが出て取り込めないという始末。

MFやFreeeでは取り込めたのに、弥生のオンラインサービスで、弥生データの読込でエラーが出るって致命的に思います。

で、MFとFreeeを両方試してみて、会計事務所的に違和感が少ないのが、MFだと思います。
Freeeは、簿記会計の知識のある人が触ると、違和感がすごくあります。

恐らく、Freeeは簿記会計の知識のない層で、個人事業主をメインターゲットに開発されたのではないかと思われます。
ただ、両者ともドンドン改良されて、ドンドン使いやすくなってきていると思います。

で、クラウド会計ソフトのポイントは、自動取込です。
ほとんど、これ1点といいかもしれません。

通帳は、ネットバンキングから直接取込。
クレジットカードも明細を直接取込。
取り込んだデータは学習機能が働くので、一度覚えさせると、次回からは取り込めば、ほぼ会計処理が完了状態になります。

しかも、取込時の学習機能も進化しています。
摘要から、内容を推測するのは当然ですが、

例えば、家賃と水道光熱費を一括で大家に振り込むような場合。

・家賃30万
・水道光熱費 毎月変動 

今月、32万円振り込んだとすると、自動取込でネットバンキング経由で取り込んだ32万の支払を、30万を地代家賃、2万を水道光熱費に自動で振り分けます。
つまり、家賃を30万固定としてルール設定すると、それ以外は水道光熱費というような設定が可能です。

借入金の返済も同じです。
元金均等払いであれば、毎月の元金返済部分を固定額で設定。
残りを支払利息と設定すれば、銀行から取り込んだ時点で会計処理完了です。

給与にも使えます。
Aさんの基本給25万+残業代+定額通勤手当であれば、基本給と通勤手当を固定金額で登録。
給与から天引する、健康保険料、厚生年金も原則固定なので、固定金額で登録。

そうすると、銀行から自動取り込みした時点で、残業代、雇用保険料、源泉所得税だけ入力すれば、複雑な給与の複合仕訳も完了。

う〜ん、これは便利。

逆に、インストール型のソフトに比較して使いづらいところもあります。
クラウド型なので、動きはモッサリしています。
全ての動きにワンテンポ遅れが出るので、ガツガツ入力するマシンとしては、使いづらいかもしれません。

で、弊社でも記帳代行を請け負っているお客様に、こちらの負担でMFを導入してもらい、通帳やクレジットの取込機能だけ利用してもらい、こちらの作業効率を上げるような使い方を始めました。

ネットバンキングは、ネット専業銀行なら、過去1年分でも遡れますが、通常の銀行だと、2ヶ月くらいしか遡れない銀行も多いです。

なので、通帳コピーをもらうのに苦労することがあるのですが、MFの自動取込だと、銀行にもよりますが、1日1回、明細を取得する設定になっています。

セキュリティが高いと、取込の際に、ワンタイムパスワードの入力が必要ですが、それでも、取込自体を業務フローに入れてしまえば、通帳のやり取りもいらず、会計処理も、ほぼ自動で仕訳してくれますから、効率は結構上がると思います。

会計処理のトレンドは自動化です。
上手く、業務に取り込めないかと、試行錯誤しています。