最近ブログを書いていないので、平成26年の総括を書くのを忘れていました。
遅れましたが、自身の会計処理も固まったきたので、ご報告です。

  1. 方針

    既存スタッフの残業が増えてきたことと、年一決算の競合が激しくなってきたので、方針転換しました。

    ・残業削減のため、スタッフの増員
    ・女性スタッフの長期就労を促すため、在宅勤務を可能にする、仮想化サーバーの導入
    ・収益性アップのため、月次契約の増加
    ・コスト削減のため、年一決算の広告を停止
    ・採算性の悪い月次契約の値上げのお願い


  2. 売上

    売上は前年比5%UP。

    ただ、例年と違って構成が大分違います。

    今までのリスティング広告やSEO対策費用なども全部止めて、通常の月次契約に重心を置くようにしました。

    その結果、新規の年一決算の売上は、9.2%減少。
    この減少は金額にすると、結構大きいです。
    特に、新規の年一決算だけに限定すると、34.3%の減少で、広告費を止めたことが、もろに影響しています。

    逆に、月次契約のお客様に対する売上は、月次報酬で19.8%、決算報酬で13.3%の増加でした。
    これは、今までの年一決算から月次へ変更して頂いたお客様や、不採算になっていた月次契約について、適正報酬への値上げをお願いした結果です。
    何とか、年一決算の減収分を月次契約で補った形ですね。

    月次契約のお客様の増加は7件でした。

     ・年一から月次 +5件
     ・新規 +6件
     ・解約 -4件

    年一決算の広告費の抑制は、もうしばらく続ける予定です。
    月次契約の売上が増加できれば、この方針しばらく続ける予定です。
    うまくいかなかった場合は、もう一度立て直して、年一決算を集客の柱に戻したいと思います。


  3. 人件費

    4月に1名採用、1名退職。
    11月に2名採用、27年2月に1名退職予定。

    現時点で自分含めて6名ですが、来月には5名になる予定。

    人件費増加分をすぐに回収出来るとは思えませんが、長い目で見て、残業の少ない定着率の良い事務所にしたいです。

    採用自体が大変な時期ですし、採用コストも高いですので、定着率アップは必須です。


  4. 利益

    26年の利益は5%のマイナス。
    人件費、設備投資などを考えると、よくこれで済んでるなという印象。

    おそらく、27年の利益は減少する可能性が高いと思います。
    月次売上は、急には上がりませんので、人件費の増加分をどこまで吸収できるか。


  5. 来年の目標

    27年の目標は、とりあえず26年の売上維持。

    個別では、連結納税を開始するお客様がいるので、その対応。
    当事務所では初めての経験なので、ここで経験値を上げたいです。

    相続も見込案件があるので、これも、確実に取り込みたいところ。
    スタッフ教育も課題です。


    それでは、こんな更新の少ないブログですが、この場を借りてご挨拶とさせていただきます。
    加藤会計に相談して良かったと言われるよう、精進してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。