先日から調査を受けていた、無申告案件。

5年分の期限後申告をするのですが、とにかく、会計処理が大変。
直近3年分は比較的資料が残っているのですが、それ以前の4年前と5年前は領収書など相当紛失しています。

で、このまま5年分帳簿を作成すると、 資料の少ない4年前と5年前の利益がとんでもなく多額になってしまい、どうしようかと、調査官に相談していました。

 こちらでは、あるだけの資料で作成した損益計算書を調査官に渡し、抜けている経費については、税務署側の裁量で判断してもらうことになりました。 
直近の3年分は、ほぼ正確に損益出していますので、それを元に、4年前と5年前の経費を推計して頂くことになります。

で、先日、税務署が作成して頂いた5年分の損益と税額を、お客様と一緒に当事務所で拝見させて頂きました。
実際見るまでは、結構ドキドキしていたのですが、金額を見て力が抜けました。

 かなり、納税者有利で処理してもらえ、予想よりも大分少ない金額で着地できました。
出来るだけ納税額が圧縮出来るように、細かいところまで気を使って頂いて、ホント、 頭が上がりません。
重加算税も課されませんでした。

まあ、それでも大きな金額なのですが、少なくても破産するレベルではないです。

で、 今回の無申告案件のポイントです。
どの無申告案件にも共通しますが、大事なポイントなので、無申告でこれから申告するという人は参考になればと思います。

  1. 誠実に対応する

    当たり前ですが、嘘をつかない、言い訳しない、言われた資料は出せるものは出す。
    出せないものは、出せないと正直に言う。書類の偽造なんて論外。


  2. 面倒でも資料を集める。

    資料が全くなければ、なにも主張できないですし、調査官も形式的な対応しか出来ません。
    1年分でも資料を集められれば、それを元に、過去についても予想が立てられます。
    そうすれば、実態とかけ離れた課税がされてしまうことは避けられると思います。

     ’箴紊銀行に入金される事業なら、通帳を紛失していても、過去5年分の取引記録は、銀行に行けば出してくれます。

    ◆.レジットで経費購入している場合でも、クレジット明細の再発行で、ある程度経費が把握出来るかもしれません。

     ネットで購入したものやサービスは、注文明細のメールが残っているかもしれません。
    また、amazonや楽天のなどの購入履歴から拾えるかもしれません。とにかく集めましょう。

    ぁ仝鯆免颪睥亮書がない経費の代表例ですが、スイカのチャージや、スケジュール帳から過去のスケジュールから、移動距離を把握して、掛かったであろう交通費をおおよそ算出できることも多いと思います。

    ァ_板造老戚鷭颪あるでしょう。入居時の仲介手数料や明細などは、仲介した不動産さんにお願いすれば、書類をもらえるかもしれません。

    Α〃搬咾覆匹猟命費、水道光熱費も、お願いすれば支払履歴を出してもらえます。


  3. 税務署を敵と思わない

    一般の人は、みなさん、真面目に税金を納めています。
    税金は、社会のために使われる大事な財源です。

    その社会の常識の中で、無申告は、完全に納税者が悪いです。
    同情の余地はありません。

    それでも、税務署は、こちらが低姿勢で、反省し、丁寧に対応すれば、無申告書に対しても、誠実に対応してくれることがほとんどです。

    この姿勢が、結局は税額にも跳ね返り、お互いに気持ちよく処理を終わらせられる唯一の方法です。

    税務署と喧嘩したことのある人もいるかもしれません。
    私が思うには、得策ではありません。
    大抵の場合、税務調査の現場で、お互いの納得のいく範囲で合意できるはずです。

    やたら、税務署に対して、戦う姿勢を見せる税理士や、それを煽るようなセミナーを見かけますが、それは余程の例外であり、それが普通と思って、いつも喧嘩腰では、おそらくご自身が損してしまうと思います。

    もちろん、中には争うことが必要な場面もあるかもしれませんが、少なくても中小零細では現場で着地させるのが絶対に得です。

    不服申立や訴訟なんてのは、例外中の例外だと、個人的には位置付けています。