ブログランキング大←税理士の最新情報はこちら!


昨日、ほぼ完成した新しいHPを、Yahooのビジネスエクスプレスで登録申請しました。
つまり、SEO対策のために、Yahooのカテゴリ登録してもらうためです。

で、申し込みはサイト経由で、クレジット決済です。
金額は5万2500円。

で、登録審査の返事が早速今日届いていました。
その内容は、




お客様のサイトを審査いたしました結果、すでにYahoo!カテゴリに登録されているサイトと重複した内容となっておりましたので、誠に残念ながら、今回は登録を見送らせていただきました。



え〜そりゃないよ〜
5万円返して

決算のみ受注するサイトを作成したのですが、それが、いまあるサイトと似ているので駄目とのこと。

自分では、独自性があると思ったのですが、駄目だそうです。
他のサイトで、同じようなところは複数サイトで登録できているのに。

で、再審査は後1回のみ。
といっても、ちょっと修正が難しいです。
どうやっても、ジャンルは同じですし。

それにしても、ホント、Yahooは殿様商売です。
審査登録が出来ない理由も、明確に教えてくれません。
やり取りもメールだけで、返信も機械的です。

しかも審査料なので、登録できなくても返金してくれません。

日本ではYahooの検索シェアが高いのは周知の事実です。

で、その検索順位を上位に持っていくには、Yahooカテゴリに登録するのも、最低限の必須条件です。

つまり、嫌でも登録しないと、商売にならないということです。

これって、Yahooの検索結果は平等ではなく、Yahooの恣意的な要素が相当入り込んでいる証拠ですよね。

結局のところ、ビジネスの世界がYahooの検索結果に影響しているわけで、全くもって不公平です。

そう考えると、Googleは平等です。
少なくても、お金を払って登録すれば、順位が上がることはないですし。

当初から、Yahooの、このビジネスモデルは嫌いでしたが、今回のことでホントに嫌いになりそうです。

検索結果は、既に立派な公共インフラなんですから、せめてもう少し平等に扱って欲しいです。

それにしても、この5万円、ホント無駄金になりそうです。
Yahooの審査のために、サイトを作り変えるのなんて、本末転倒ですからね。

あ〜、何だか馬鹿らしいです。

ブログランキング大←たまには押してね。(。・ω・)ノ゙