ブログランキング大←税理士の最新情報はこちら!


今日は、友達の結婚式。
麻布の教会まで行ってきました。

そういえば、六本木、麻布界隈には、随分前に映画を見に行ったきり、行ってませんでした。
相変わらず、あの辺一体は、リッチな雰囲気を醸し出していますね。

教会から披露宴会場まで、バスで移動したのですが、その途中、所ジョージが歩いているのを発見
普通に歩いている感じが、六本木っぽいです。

ちなみに中野だと、お笑い芸人が歩いています。

今日の新郎も税理士です。
大手監査法人系で、上場企業のM&Aに絡む、税務リスクなどをチェックするのが仕事のようです。

自分とは真逆の方向性ですが、税理士が純粋に税務だけで商売になるのためには、それなりの規模のお客様でないと成り立たないのも現実です。

大きなお客様相手に純粋に税務だけで勝負するのも、一つの方向性ですし、ある意味羨ましいです。

自分の場合、小規模のお客様が相手ですので、尖がった税務の知識より、税務以外の知識もかなり必要だったりします。

ただ、マーケティング的に考えた場合、どちらが生き残れる可能性が高いかと言ったら、前者の税務に特化した場合のほうが高いと思います。
百貨店より専門店の方が繁盛しているのと同じですね。

なので、自分も何かしらの色を付けて差別化しないと、将来的に淘汰される可能性は十分あります。

今は何とかなっていても、いつか自分が淘汰される時期が来るかもしれない。
披露宴の会場で、そんなことを感じた一日でした。

ブログランキング大←たまには押してね。(。・ω・)ノ゙