ブログランキング大←税理士の最新情報はこちら!


今日は日曜日。

近々、自宅の引越しを考えているので、2ヶ月の子供を抱っこ紐で外に連れ出し、物件を見に行ってきました。

まあ、中野、杉並辺りの物件は、どこも高いですね。
郊外なら、余裕で一戸建てが買える家賃です。

3年前に、今の自宅に引越し、1年後に事務所を借り、その1年後に、もう一度事務所を引っ越しているので、毎年引越し費用を払っています。
まさしく引っ越し貧乏のパターンですね。

物件見学が終わった後は、事務所で仕事です。
仕事が溜まっているので、何とか前に進まないと。

で、お客様から質問が。

決算で利益が出そうなので、生命保険で何とかできないかと。

ある生命保険会社からの提案があったそうで、1億円借り入れて、1億円の保険に入る。
借り入れの担保は、生命保険の解約返戻金だそうです。

まあ、単なる税金の繰延ですが、これって一般的なんでしょうか
しかも、法人の保険としては、マイナーな保険会社です。

会社からすれば、キャッシュアウトなしに、税金の繰延が出来るので、有難いということなんでしょうね。

でも、こういう保険の加入の仕方って、好きではありません。
何か、モラルが欠けているような気がします。
まあ、そもそも節税保険自体に、モラルなんかないのでしょうけど。

どれくらい、保険会社が利益があるのかが、気になるところですが。
もうちょっと、詳しく聞いてみないと何とも言えないですね。

ブログランキング大←たまには押してね。(。・ω・)ノ゙