ブログランキング大←税理士の最新情報はこちら!


さて、今日は連休最終日。
GWはどこにもいかず、今日も半日、事務所で過ごしました。

GW中は、5月申告の作業が、結構進んだので、一安心。
今週中に、何社か提出できそうです。

うちの事務所は100%電子申告で行っているのですが、電子申告の後押しになりそうな話題を1つ。

三井住友銀行は、電子申告している場合に、金利を0.2%優遇だそうです。

 Webレポートローン

0.2%って、微妙ですが、今行っている電子申告データを提出するだけで金利が下がるのなら、まあ、損はないでしょという感じです。

銀行に提出する決算書とか申告書って、コピー取ったりするのが結構面倒なので、それがなくなるだけでも、良しとしますか。

で、どうやって提出するのかと思ったら、納税者が直接提出する場合と、委任を受けた税理士が提出する場合で、2パターンあるようです。

電子申告なんて、税理士主導で行っているのがほとんどでしょうから、結局は税理士が提出することになりそうです。

 Web申告データ受付サービス

この受付サービス、三井住友独自ではなく、NTTデータのzaimonというサービスのようです。

zaimonというサイトで、申告データを受付し、各銀行にデータが回るようです。
銀行ではないNTTデータに、いったん決算書データが送信されてしまうのには、一抹の不安を感じますが。

そういえば、先日、三井住友の営業の方が来られた時に、

 「電子申告データで決算書を出してもらえると、大変助かります。」

なんて言われました。

ただ、データで出すことで、一番メリットを受けるのは銀行ですよね。
決算書の改竄が出来ないですから。

決算書の偽造による、不正な融資を防止できるのであれば、多少は金利を優遇しても良いのは当然ですね。

ただ、せめて、0.5%位は優遇してくれたらなあなんて、感覚的には思いますが。

ブログランキング大←応援してくれる方はこちら!(。・ω・)ノ゙