ブログランキング大←税理士の最新情報はこちら!

さて、月初なので、3月分の会計データが、届き始めています。
チェックして返信の繰り返しです。

自分の、3月分の会計処理も行いました。
3月は忙しかったせいもあり、売上額は過去最高でした。

ただ、支払額も過去最高で、利益ベースでは、ちょこっとです。
資金繰りが心配だったのですが、売上げの多い時期だったので、大して減らずに乗り切れました。

3月の支払いがなかったら、結構、利益があったのに、なんて言っても始まりません。
自分で選択したことですからね。

今日も1件面談がありました。
会社設立関係です。

相変わらず、うちの事務所は、設立絡みでのお問い合わせがメインです。
設立自体は、司法書士にお願いしてしまうので、利益はゼロですが。

税理士って、行政書士の登録も出来ますよね。
行政書士は、登記は出来ませんが、書類作成などは可能です。

ネットで安値で設立を受けている業者は、行政書士の方が多いですね。
なので、自分も設立で利益が出るようにすることも可能です。

逆に、設立で利益を得ようと考えていないので、設立手数料を無料にして、集客するのも1つの手です。

最近契約したお客様で、設立は他の事務所で行い、顧問契約は、うちの事務所でして頂いたお客様が何社かあります。

その何社かのお客様が、同じ税理士兼司法書士事務所で設立していました。
聞いてみると、設立費用がすごく安いんですね、その事務所は。

恐らく、税理士としての契約を取るために、安く請け負っているのだと思います。
結果的に、契約が取れなかったお客様が、こちらに流れてきた感じです。

設立を、安値で集客した場合のリスクがこれですね。
手間隙掛けたのに、継続的な利益に結びつかない。
それでも、契約できるお客様の数が多ければ問題ないのでしょうけど。

結局のところ、税務以外の業務には、それぞれの専門家が存在します。
ですので、税務以外の分野は、その道のプロに任せるというのが、一番素直な気がしますね。

独立すると、色々な分野で利益を出そうと考えがちですけど、税理士は、その専門分野で利益を出すのが一番です。

税務以外は素人なんですから、あんまり、よそ見しないほうがいいような気がします。

DSCF5784






ブログランキング大←応援してくれる方はこちら!(。・ω・)ノ゙