やっと、一段落しました。

それにしても、当然というか、かなり忙しい。
今年は、比較的、一般的な事例ばかりで、特殊なモノは少なかったのに、ギリギリまで掛かってしまいました。
残業も多く、申し訳なかったです。

 一番の理由は、12月決算2月末申告の会社のお客様が増えていることと、12月から1月末までの年末調整や法定調書、納特業務が重なるからです。

うちの事務所の規模だと、確定申告時期に重なれば、パンクするのは当然です。
さて、人を増やせば解決するのか。
そんな単純なことでもないように思います。

うちの事務所は、少人数で効率良く数をこなし、比較的安価な料金で、徐々にお客様を増やしてきました。
これを人数で解決したら、良さがなくなります。
なので、もう一段の効率化を考える必要がありそうです。

私の場合、本当に追い込まれたときに、さらなる効率化や無駄な点に気付く場合が多いです。
多分、まだまだ無駄な部分が沢山あると思います。
もっと効率化して、今の人数で回せれば、既存のスタッフへ還元できます。

まず、地道に 業務の見直しをする必要がありそうです。
3月決算の山が近づいてきているので、それまでに、少しでも改善出来ればと考えています。