毎年恒例、区役所での無料相談会に行ってきました。

今日は、確定申告初日だったので、午前中はかなりの数の相談者が来ていました。
午後になると多少減りましたが、全体的には、そこそこの相談者数だったと思います。

で、毎年この相談会を受けると、高齢者の方の実感が伝わってきて、いずれ自分も同じ立場になることを考えると、このまま年金制度が維持出来るような実感がわかないですし、健康保険制度も成り立たなくなるのではと考えたくなります。

そもそも、自分の老後を年金で賄うという発想はやめて、自分で準備するしかないと思わされますね。
年金を頼って生活している方達の現状をみると、その思いが強くなります。

で、自分で準備するといっても、相当長い期間準備しなければまとまった金額にはなりませんし、これも何だか非現実的な気もします。
それに、老後のことばっか考えていると、何だか、老後のために生きているみたいで寂しい感じがします。

日々の仕事と私生活を楽しく過ごし、かつ、老後資金も心配いらないような理想は難しいですが、せめて、家族に迷惑を掛けない程度の蓄えは必要ですよね。
自分が家族のリスクになることだけは、絶対に避ける。これが最近の目標です。