中野区の税理士日記 日本一相談しやすい税理士を目指して!

2006年に東京都中野区で独立開業した税理士。 地域密着で中野区のお客様とのコミニュケーションを第一に考え、信頼される税理士を目指しています。

2012年07月

長野で税務調査

2日目も、調査は順調に進み、予定より早く終わりました。
これから用意しなくてはいけない書類はありますが、そこそこいい線で着地できたのではないかと。

で、帰りはどこにも寄らず、高速を飛ばしてそのまま事務所へ戻りました。
渋滞にはまって、戻ったのは21時くらい。
次の日が直行のお客様だったので、その準備と、溜まった業務の処理で、ほぼ徹夜状態になってしまいました。

税務調査での税理士の立会って、税理士の晴れ舞台でもあり、恥をかく場でもあり、それなりに真剣です。
お客様の損害を与えてしまわないよう、通常業務の品質が一番大事ですね。

長野で税務調査

昨日の夜から、税務調査のため、長野県の塩尻市にきています。

事務所で夜の打合せが終わってから、車で出発。
21時頃事務所を出たのですが、日付が変わる前には到着できました。
思ったより早く着きました。

で、今日が調査一日目で、そこそこ無難に進んでいます。
あと一日で終わりますので、もうちょっとです。
最近、スケジュールがタイトなので、調査で時間を取られるのはキツイのですが、致し方ありませんね。

それより、自分の役割である、子供2人の保育園の送りが出来ないのが心苦しい。
出張が多い共働きの家庭は、どうしているのだろう。
何とかするしかないけど、みなさん大変だろうなと。

さて、明日の調査も無事終わりますように。

粉飾決算を「更正の申出」で無事還付

昨年12月の税制改正で、今後の「更正の請求」は5年間OK、それ以前は、「更正の申出」で対応してくれることになりました。
簡単に言えば、間違った申告を5年前まで遡って修正してくれるというものです。

で、他の事務所から移ってきたお客様で、過去の粉飾決算で法人税や消費税が納め過ぎになっているところがありました。

直近ではなく、3年前から5年前の3年分について、「更正の申出」をしたところ、無事還付されることになりました。
最初は、昨年の改正前に、「嘆願」で申請したのですが、うまく立証できず、いったん取り下げ。

その後に、なんどか税務署から要求される書類をその度に準備して、結果、還付OKです。
実務は職員さんがやり取りしてくれたのですが、実際に還付までいくと、結構インパクトあります。

まあ、粉飾する会社も駄目ですが、それを手伝っている会計事務所も、よくやるなと。
割と規模の大きい事務所が関与していた決算でしたし、担当者レベルでやったのかもしれません。

ただ、粉飾の処理が単純だったので、粉飾箇所の特定が簡単だったのが助かりました。
複雑だと、特定出来なかったかもしれません。
元帳の最後の行に、粉飾しましたと言わんばかりに、一行で、ビシっと書いてありましたから
(売掛金)5250万(売上)5250万

弁護士や司法書士の過払い金返還請求ではないですが、それに近いようなビジネスモデルが成り立つかもしれません。
成功報酬がなじみやすいビジネスですね。

相続税の還付請求ビジネスがありますが、粉飾決算の還付請求ビジネスの方が、自分の性格に合っているような気がします。
相続税還付は、当初税理士の悪意のないミスを指摘するわけで、ちょっと気が引けますし。
税理士Profile
税理士 加藤慎吾
2006年に東京都中野区で独立開業した税理士。
地域密着でお客様とのコミニュケーションを第一に考え、信頼される税理士を目指しています。

★オリジナルページはこちら↓↓
東京都中野区の税理士 加藤会計事務所

★決算専門ページはこちら↓↓
決算駆け込みセンター
記事検索
  • ライブドアブログ