中野区の税理士日記 日本一相談しやすい税理士を目指して!

2006年に東京都中野区で独立開業した税理士。 地域密着で中野区のお客様とのコミニュケーションを第一に考え、信頼される税理士を目指しています。

2012年03月

遠方のお客様

先週お問合せ面談したお客様で、北海道の会社がありました。
業務を承ることになったのですが、今までで、一番遠いお客様です。

お問合せ自体は、沖縄から北海道までいただいたことがあるのですが、面談でのお打ち合わせをお願いしているので、お問い合わせのみで終わってしまう場合が多いです。

加えて、とりあえずお客様の地元の税理士会の連絡先をお知らせして、出来れば地元の税理士を探すように勧めます。
今回も地元の税理士会で探すように勧めたのですが、結果的に承ることになりました。

で、依頼を受ける側はとてもありがたいのですが、自分が逆の立場だったらと思うとゾッとします。
目の前にいるお客様が、相当遠く離れた税理士に依頼してしまうのですから。

先が読めない変化の早い時代ですから、なんとか集客できている現時点で、足元を固めてしまいたいです。
具体的には、固定のお客様の獲得と自分の預金残高を増やすことですね。
後は人脈かな?
自分は人付き合いが苦手なので、これが一番難しい。

それに、お客様から選ばれる年齢ってあると思います。
同じことをしても、選ばれない年齢もくると思います。
自分の賞味期限は、あと十年位じゃないかと。
だから、それまでに何とかしたい。

さらに、人生の一番のリスクは、想定以上に長生きしてしまう事ですね。
いくら事業に成功しても、引退後30年も40年も生きてしまっては、いくら預金があれば足りるのか想像もつきません。

だから、自分の現役時代にできるだけストックして、備えるしかない。
日々のお問い合わせを大事にし、仕事を承れたら、できる限り丁寧に仕事をする。
ひたすらこれを続ける。
最近の自分を戒める意味でも、ここで宣言しておこう。

で、この本は面白かったです。ちょっと単純ですが。
読み手の年齢にもよるとは思います。



確定申告終了

なんとか無事、15日に確定申告終了。
当たり前といえばそれまでですが。

途中でリスティング広告を止めた影響もあって、お問い合わせは少し減りました。
ただ、会社の飛び込みの決算依頼には、相変わらずそこそこあります。

とりあえず、現在承っている、今月申告の会社決算と期限後の決算だけでもそこそこありますので、これを早いところ終わらせないと、4月申告と5月申告を乗り越えるのが厳しそう。

で、話変わって、今日は自分の誕生日だと、さっき気が付きました。
誕生日プレゼントかわかりませんが、奥さんが子供を児童館に連れて行ってくれている間、自由時間になりました。
滅多にない機会なので、家にある唯一の贅沢品、マッサージチェアで腰をモミモミしながら、ipadでブログの記事を書いてみました。

追い込み

確定申告の追い込み時期で、ゴールが少し見えてきたかなあというレベルです。
例年に比較して、明らかに遅れ気味ですが、ギリギリ間に合いそうです。

それにしても、今年は色々な確定申告があって、勉強になります。

寄付金、FX、日経平均先物、バイナリーオプション、匿名組合、上場株の譲渡損の繰越、震災の雑損控除あたりですね。
金融商品は、商品の特性が分からないと、そもそも書類を読み取れないですし苦労します。
東京で、震災の雑損控除が出てくるとは思いませんでしたし。

加えて、法人成りしたお客様がいくつかあったので、その処理でミスが出ていないか心配です。
事業税の見込計上や、法人へ引き継いだ内装や備品などの消費税の処理ですね。
どこかでミスしても、更正の請求が5年になったので、どこかで甘えがでそうです。

さて、もう一踏ん張りですね。

さっき、子どもが熱を出し、明日は病児保育に預けないとと奥さんからメールが。
それにしても、病児保育がなかったら、フルタイムでの共働きは無理だと思う。
ホント、杉並区の病児保育には感謝してます。
税理士Profile
税理士 加藤慎吾
2006年に東京都中野区で独立開業した税理士。
地域密着でお客様とのコミニュケーションを第一に考え、信頼される税理士を目指しています。

★オリジナルページはこちら↓↓
東京都中野区の税理士 加藤会計事務所

★決算専門ページはこちら↓↓
決算駆け込みセンター
記事検索
税理士Archives
  • ライブドアブログ