中野区の税理士日記 日本一相談しやすい税理士を目指して!

2006年に東京都中野区で独立開業した税理士。 地域密着で中野区のお客様とのコミニュケーションを第一に考え、信頼される税理士を目指しています。

2011年01月

繁忙期の税務調査依頼

あっという間に月末に近付いてきました。

やっと、今月申告のお客様の決算が完了し、一安心です。
まだ、法定調書やら償却資産税の申告など他の業務が残っていますが、何とかなるかなと。

最近、HPのアクセス数が急に上がりました。
なぜか助成金の記事のアクセス急激に上がっています。

で、それに伴って、助成金のお問合せが今月だけで7件。
対応は、社労士の先生にお願いしているのですが、明らかに問合せが多いですね。

正直、助成金から税理士業務に繋がることはほとんどないのですが、需要はあるのでしょう。
お問い合わせの内容で共通しているのは、今すぐ必要な運転資金を助成金でまかないたいというものです。

ただ、助成金は、「もらえればラッキー」程度に考えないと駄目ですね。
そもそも、厚労省系の助成金って、入ってくるまでにどんなに早くても数ヶ月はかかりますし。

で、話変わって、今週、税務署から、「来週、○○会社様の税務調査をお願いしたのですが?」って連絡がありました。

繁忙期で、かつ来週とか言われ、「それは無理です。3月後半以降でお願いします」と即答しました。
で、先方もあっさりと引き下がりました。

自分の性格上、業務を後回しにするのは嫌いで、税務調査でも、出来れば早く済ませたいのですが、さすがにこの時期は無理です。

お客様に伝えたら、逆に3月後半まで落ち着かない日々が続くとおっしゃっていましたし、何だか気持ちが悪いですね。

経営計画書って誰のため?

火曜、水曜と丸2日間、経営計画のセミナーを受けてきました。
10時半から17時半までですので、結構ハードです。
他にも受けないとならない研修がけっこうあるので、消化するだけでお腹いっぱいです。

で、他の参加者の方で、銀行の方がいらっしゃいました。
今回、会計事務所で導入したシステムって、金融機関にも結構入っているそうです。
なので、同じ研修の場に金融機関の方と一緒になる場面があり得るのだと。

で、雑談で色々お聞きしたのですが、銀行が顧客の経営計画書の作成に、かなりの事務負担を掛けているということを教えてもらいました。

リーマンショック後、金融円滑化法案によって、リスケしている会社様が多いと思います。
で、リスケした後の1年後、モニタリングとして、会社が実際良くなったかどうかのチェックがされます。

その際に、良くなっていない会社が大半なのが実態だそうです。
で、今後5年間の事業計画書(経営計画書)の作成が行われ、かつ、その計画内容が実現可能なものであれば、銀行は貸倒引当金を積まなくても済むとのこと。

つまり、会社のための経営計画書ではなく、銀行自身の経営を守るための計画書なんですね。
金融庁向けの書類作り。

お話ししてくれた銀行の方は、500社の事業計画書を作成しなければならないとのこと。
そりゃ大変です。というか無理なのではないかと。
本来であれば、会社自身が作成すべきですが、実務的に会社では作成できないところが多いからですね。

当事務所のお客様も、3ヶ月先も見えないのに、5年後なんか分かるわけがない!なんて調子で計画書を作成しなかったら、ちゃんと、銀行さんが作成してくれました。(笑)

とはいっても、経営計画書自体は、きちんと使えばとても有用ですし、会社のためにもなります。
ただ、事業計画や経営計画って、予防法的な手法です。
普段から計画を意識して行動することで、効果を発揮します。

経営計画のサービスは、MAS監査という名前で、当事務所のサービスメニューに加えました。
MAS監査という言葉自体あいまいなので、あまり好きではないのですが、それに変わる粋な名称も思いつかず、とりあえずスタートしています。

さて、収益の柱に育つかな?

今日は朝からHPの改定作業でした。

3連休の初日。
奥さんに無理言って、朝から夜の23時まで仕事をさせてもらいました。

上の子が2歳で下の子が8カ月なんで、母親一人で朝から晩まで面倒みるのはとても大変です。

平日なら、上の子が保育園に行くので、大分楽ですが、土日はきついですね。
4月からは奥さんも職場復帰するので、平日の送り迎えと土日の世話だけで具合が悪くなりそうです。
あと、3年もすれば大分楽にはなるとはもうのですが、とにかく、4月からは、かなりしんどいことになりそうですね。

で、そうなる前に、HPの改定をしようと、年末から少しづつ作業をしていました。
とりあえず、素人丸出しのHPですが、いくつか新しい記事とサービスを追加しました。

今日一日で、かなりの突貫作業で行いましたので、恐らく誤字脱字や、変なところがたくさんありそうです。
明日、もう一度見直すことにします。

で、税理士報酬の見積もり計算ページも、業者さんに頼んで、現在改修中です。
まだ、稼働していないですが、以前の形を踏襲しつつ、自分でメニュー追加できるような仕様で作成をお願いしています。
これも、もうすぐ出来あがるのではないかと思います。

それにしても、HPの見た目が、素人っぽさが強くなってきたので、ここらで、プロの方にデザイン等を含めて、きれいにリニューアルをお願いしたいなと思っています。
コストにもよるとは思いますが。

今年は、リスティング広告も再開するかもしれません。
2年間ほど停止していましたし、お問い合わせも減少傾向にありますので、そろそろ再開してみようかなと?

まあ、それにしても、私が独立した平成18年当時に比較して、なんて競争が激しくなっていることでしょう。
リスティング広告もそうですし、料金のデフレ化も相当進んでいます。

さて、今年はどんな年になるのか、楽しみでもありますし、とても不安でもあります。


あけましておめでとうございます。

1月4日から通常営業開始しました。
といっても、世の中まだまだ正月休みの会社が多いようで、とても静かな滑り出しです。

で、年末年始の休みの間に、HPの記事改定と修正などを行いました。
2日間丸々、HP関係の改良作業したので、それなりに修正できたかと思います。

それにしても、ホント、5年前に作ってから、ほぼ、ほったらかしの状態で、それなりにお問合せが来ていたのが不思議です。

ただ、昨年は一昨年と比較して、お問合せ件数が大分減りました。
料金の問題も大きいとは思いますが、HPの内容が、お客様のニーズから少しづつ、ずれてきているのだと感じています。

ですので、お客様目線でのサービス設定や料金体系を模索中です。
とりあえず、料金体系の見直しを考えています。

また、現在取組中の事業計画や経営計画によるコンサルティングサービスの商品化も急ぐ必要があります。
これが一番難しいのですが、何とか軌道に乗せたいと思っています。
お客様にとっても、とても役に立つサービスと確信していますし。

ただ、このサービスのHPも作成が必要ですし、記事も必要です。

慌てて変なHPを作成しても意味ないので、きちんと設計図を描いてから、HPの作成を行いたいと思います。
まあ、それにしても、HP作成には手が掛かりますね。

それでは、本年もよろしくお願いいたします。
税理士Profile
税理士 加藤慎吾
2006年に東京都中野区で独立開業した税理士。
地域密着でお客様とのコミニュケーションを第一に考え、信頼される税理士を目指しています。

★オリジナルページはこちら↓↓
東京都中野区の税理士 加藤会計事務所

★決算専門ページはこちら↓↓
決算駆け込みセンター
記事検索
  • ライブドアブログ