中野区の税理士日記 日本一相談しやすい税理士を目指して!

2006年に東京都中野区で独立開業した税理士。 地域密着で中野区のお客様とのコミニュケーションを第一に考え、信頼される税理士を目指しています。

2005年09月

中野区 税理士 【助成金を貰おう!中小企業基盤人材確保助成金】

中小企業基盤人材確保助成金

名称は難しいのですが、要するに「新しく会社を創業し、社員を雇えば、社員の給与の一部を国が負担します」というものです。

 創業時に優秀な人材を雇入れたいのだが、資金がちょっと足りない。。。

 こんな場合で、社長の右腕になる会社の中心となる社員や専門的な技術を持っている社員を雇う場合に有効です。

 もちろん1名からでも申請可能です。

 すでに社員を雇い入れた後では、その社員は対象になりませんので、設立後直ちに手続きに入る必要があります。

【支給要件】

創業又は異業種進出から6ヶ月以内に改善計画を提出

2年間以上の労働保険料の滞納が無いこと

過去3年間に助成金の不正受給が無いこと

過去6ヶ月間に会社都合離職者がいないこと

創業または異業種進出に対し300万円の経費を支出していること(設立日又は異業種進出日以降の支出に限る。)

【支給の対象となる労働者数】

基盤人材⇒1人以上5人以下

一般人材 ⇒基盤人材の雇入れ数と同数まで

※基盤人材とは以下のいずれにも該当する者

イ 次のいずれかに該当するもの   
・事務的・技術的な業務の企画・立案、指導を行うことができる専門的な知識や技術を有する者
  
・部下を指揮・監督する業務に従事する係長相当職以上の者

ロ 年収350万円以上(賞与等を除く)の賃金で雇い入れられる者

【助成額】

↓以下の金額が支給されます。

 基盤人材については、1人あたり140万円(第1期70万円 第2期70万円)

一般人材については、1人あたり30万円(第1期15万円 第2期15万円)

 これから起業しようと準備されている方、起業間もない方!きっちり助成金を頂いてビジネスを成功させましょう!

中野区 税理士 【助成金を貰おう!地域創業助成金】

地域創業助成金

平成17年4月に「地域雇用受皿事業特別奨励金」の受給要件が緩和され新設された助成金です。

地域に貢献する事業を創業した事業主に対し「新しく会社を設立した場合に設立時の資金の一部を国が負担します」というものです。

 地域に貢献する事業とは?結構いろいろな業界が該当しています。

 人数要件等の条件が緩和されて、使いやすくなっていますのでお勧めです!

 【支給要件】

会社設立又は創業から6ヶ月以内に計画書を提出すること

会社設立から1年6ヶ月以内に2人以上の従業員を雇用すること

(※そのうち1人以上は65才未満の非自発的離職者であること) 但し、非自発的離職者自らが創業する場合は1人以上の雇入れ(非自発的離職者でなくても可)で可  

⇒更に雇入奨励金として1人30万円別途受給。(常用労働者)

地域貢献事業に該当する事業を行う事業所であること

地域貢献事業  

 仝朕邑け・家庭向けサービス 

◆ー匆饋邑け教育サービス 

 企業・団体向けサービス 

ぁ―斬雋慙▲機璽咼后

ァ〇勸蕕謄機璽咼后

Α々睥霄團吋▲機璽咼后

А^緡泥機璽咼后

─.蝓璽ルサービス 

 環境サービス 

 地方公共団体からのアウトソーシング

【助成される費用】

設立後6ヶ月間に使用した経費で以下のもの

法人設立に関する事業計画作成費 (経営コンサルタント等の相談経費(雇用管理に係る相談経費を除く)等

職業能力開発経費 事業を円滑の運営するために必要な役員及び従業員に対する教育訓練経費等

設備 ・運営経費・事務所の工事費・設備・備品・事務所賃借料(6ヶ月が限度)・広告宣伝費等

支給対象経費の合計額に3分の1を乗じて得た金額が支給されます!

中野区 税理士 【助成金を貰おう!高年齢者等共同就業機会創出助成金】

高年齢者等共同就業機会創出助成金

45歳以上の方が3人以上集まって会社を設立しようと考えている場合に該当する可能性があります。

 「設立後6ヶ月間に支出した資金のうち2/3を国が負担してくれます」という制度です。

対象期間が長く、補助比率も高いのでお勧めです。

 【支給要件】

3人以上の45歳以上の高齢創業者の出資により創業した事業であること。


  3人のうちいずれかの者が法人の代表取締役であること

3人合計の出資(設立時)が51%以上であること

45歳以上の社員を1名採用すること

(※)高齢創業者とは次のいずれにも該当する者をいいます。

法人設立日現在において45歳以上であること

法人の設立日以降、報酬の有無を問わず当該創設した法人以外の法人の役員、雇用労働者、個人事業主でないものであること

⇒確認書類として雇用保険被保険者であれば資格喪失確認書  他の法人の取締役であれば、役員の抹消登記が必要です。

当該創設した法人で就業(専業)していること

【支給の対象となる費用】

設立後6ヶ月間に使用した経費で以下のもの

法人設立に関する事業計画作成費、経営コンサルタント等の相談経費(雇用管理に係る相談経費を除く)等

職業能力開発経費   事業を円滑の運営するために必要な役員及び従業員に対する教育訓練経費等

設備・運営経費、事務所の工事費・設備・備品・事務所賃借料(6ヶ月が限度)

 ぁ々告宣伝費等

【助成額】

支給対象経費の合計額に3分の2を乗じて得た金額で500万を限度として支給されます。(経費は750万が対象限度額となります。)

これから起業しようと準備されている方、起業間もない方!きっちり助成金を頂いてビジネスを成功させましょう!

中野区 税理士 【税理士の探し方】

中野区の税理士自身が、経営者の右腕になる、よい税理士を探すための方法を解説しています。

まずは、税理士とはどういう職業なのかを理解したうえで、自社に最も相性のいい税理士を探してみましょう!

★ 顧問料は年額で検討する!

★ 税理士の実状

★ 税理士の必要性

★ 税理士でない人が担当者?

★ 具体的な探し方

中野区 税理士 【節税講座】

中野区の税理士が、特に注意して欲しい節税の基本を解説しています。

★ 節税効果絶大な●●●な会社の作り方

★ 適当に決めると税務調査で痛い目にあう危険大!→超節税!●●な役員報酬の決め方

★ ただ出すだけじゃ駄目?→税金が少なくなる届出の出し方(届出書を無料でダウンロードできます)

★ 税金って赤字でもかかるの?→赤字でもかかる税金はある!

★ 交際費って一部しか経費にならないって本当?→節税できる交際費の使い方

★ 消費税って最初は払わなくてもいいの?→消費税を2年間ゼロにする方法

★ 設立1期目なのに消費税が還付されることがあるって本当?→超有利な消費税の届出方法

中野区 税理士 【会社設立入門】

中野区の税理士が会社設立時や会社設立直後に質問が多い点や間違えやすい点を解説しています。

 ★ 会社設立のスケジュールと料金

★ 節税効果絶大な●●●な会社の作り方

★ 資本金っていくら位がいいの?〜資金繰りと税金から考える資本金の決め方

★ 資本金って使っていいの?

★ 何月決算がいいの?〜消費税と資金繰りから考える決算期の決め方

★ 国金の事業計画書を書いてみよう!

 ★ 自分で出来る?→得する簡単経理の方法

★ 領収書って必ず保存しなくては駄目?→書類の保存期間

★ 領収書って必ず発行しなくては駄目?→商売の基本原則

★ 会社解散、清算の裏技!

税理士Profile
税理士 加藤慎吾
2006年に東京都中野区で独立開業した税理士。
地域密着でお客様とのコミニュケーションを第一に考え、信頼される税理士を目指しています。

★オリジナルページはこちら↓↓
東京都中野区の税理士 加藤会計事務所

★決算専門ページはこちら↓↓
決算駆け込みセンター
記事検索
税理士Archives
  • ライブドアブログ